事前にUSBの暗号化をしてパソコンデータ復旧の安全性を確立させる

外部メディアに保存

広がるコピーサービス

パソコン

大手企業などでは自身が抱えている膨大なデータを丸ごとコピーするためコピーサービスを行ってくれる業者に依頼することがあります。コピーサービスを利用することで、専門スタッフによって安全にパソコンデータをコピーすることができます。ですが、いくらバックアップをとったからといっても安心はできません。 データは常に最新のものに書き換わっていきますので、一度だけでなく定期的にバックアップはとっておく必要があります。そうしないと、いざデータを復旧させたとしてもそのデータがあまりにも古い場合は使い物になりません。ですので、コピーサービス業者とは長期的な契約を結び、万が一に備えてデータは新鮮なものしておくのが良い選択でしょう。

分散してコピーを取りましょう。

たとえ大きなデータであっても、バックアップファイルを一つだけ保管しておくのは危険です。大本のデータのほか、必ず分散してデータのコピーをとっておく必要があります。なぜなら、バックアップファイルが一つだけだと破損した場合、復旧が困難もしくは永久に起動しなくなってしまうからです。分散してデータを保存するためには専用のソフトを導入したり手順が必要な場合があります。コピーサービス業者を利用することによって、データを分散してバックアップをとってくれるサービスも有りますので、必要に応じて利用するのもよいでしょう。 サービスの中には、データに独自のセキュリティを施してくれる業者もあります。バックアップファイルがウィルスに侵されないように是非利用しておくとよいでしょう。