事前にUSBの暗号化をしてパソコンデータ復旧の安全性を確立させる

データ消去の拡大

ハードディスクを消去できるソフトの今後について

女性

情報セキュリティへの高まりから、パソコンを廃棄する際に、内蔵されているハードディスクを消去するソフトへの注目が集まっています。 これらはデータ消去ソフトという名称で、分類されるのですが、時間はかかるものの、ハードディスクを消去できるので、市場規模が拡大されているのです。 このような流れをもとに、いろんな企業がデータ消去ソフトを販売しており、利用者はいろんなものから比較して、購入することできます。 このような流れは、今後も拡大してくると予想され、パソコンだけではなく、サーバや、スマートフォンといった機器まで、利用できるようになってくるのです。 また情報セキュリティという面で、経営陣にも理解されやすいものになりますので、企業では積極的に導入されていくと予想されています。

データ消去ソフトを選択するときに注意したいことについて

データ消去ソフトを導入して、ハードディスクを消去する場合、選択するデータ消去ソフトをどれにするか注意する必要があります。 まず最初に、単純にハードディスクに無意味なデータを書き込むタイプがありますが、これらは、処理速度が速いものの、データの復元がしやすいということもあります。 これらのものを選ぶ場合には、外部に漏れても問題ないようなものしか収容されていない場合には、有効ですが、情報セキュリティ面では不安が残ります。 よって、こうしたものではなく、しっかりとデータを書き込むことで、消去したことになるものを選ぶべきなのです。 こうしたものは、大抵が米国の基準に合致したものがありますので、そういったものを利用するのが、時間はかかるものの、利用すべきなのです。